不気味系 意味が分かると怖い話 難しさ☆☆

【意味怖】ホテルの夜【解説付き】


 

「良い部屋だねえ!」

「ほんとにね。君と来れて本当にうれしいよ」

 

今日は僕たち二人が付き合って1年の記念日。

少し奮発して、都心の高級ホテルを予約したんだ。

 

実を言うと、明日のデート中にプロポーズをしようと思っている。

だから指輪もカバンにひそませているし、高級ホテルをとったのはそのためというのもある。

とにかく今日は全力で楽しんでもらって、明日に僕の全てをぶつける。

 

そんなわけで僕はソワソワした心を隠しつつ、

昼間は観光地を巡って、ホテルにチェックインしたのが今。時刻は17時になるところだ。

 

部屋に荷物を置いて、ホテルのバイキングや大浴場を二人で楽しむ。

 

それから部屋に戻って、二人の静かなひととき。

高級感溢れる雰囲気に緊張しているのか、なんだかよそよそしい彼女と素敵な夜を過ごした。

 

「こんな素敵なホテルに連れて来てくれてありがとうね。私のために色々用意してもらっちゃって」

「いいんだよ。お金くらいしか僕には取り柄はないし、僕は君と過ごせて嬉しいんだ」

 

僕みたいな冴えない男でも、こんなにかわいい彼女と付き合えるなんて。

ああ、僕はなんて幸せなんだ……

 

 

 

あふれ出る幸福感と共に眠りについていた僕は、深夜、何か嫌な匂いと熱さで目が覚める。

 

寝ぼけながら部屋を見渡すと、なんと火の手が回っている!

カーテンやシーツがメラメラと燃えているのだ!

 

なんでだ!?やばい、逃げないと!

僕は焦って布団から飛び起きる。

 

いや待て、その前に彼女はどこだ?

一緒に逃げないと!

 

隣に寝ていたはずの彼女の姿はベッドにはない。

慌ててトイレとお風呂の扉を開けるがそこにもいない。

 

寝ぼけと火事への恐怖、彼女がいないことへの焦りで頭が回らない。

冷静な判断はできていない。

 

いや、とにかく今はこの部屋から逃げないと。

きっと彼女は先に起きて、助けを呼びに部屋を出たに違いない。

 

僕は火の中を進みなんとか入口のドアに向かう。

 

だが起きるのが遅かったのか、彼女を探すのに時間をかけすぎたのか、煙を吸いすぎてしまったようだ。身体が思う様に動かない。

 

フラフラとドアの前までたどり着いたころには、もう立ち上がることも難しくなってしまった。

 

もうだめだ、誰か助けてくれ。

こんなところで死にたくない。

僕はまだ彼女にプロポーズもできていないんだ。

 

その願いが叶うことはなく、

僕はもう自力では開けられないドアを、ただノックすることしかできなかった。

 

 

 

 

 

 

意味怖ちゃん
どこかで聞いたことがあるような……

 

 

 

 

 

 

 

【意味怖】ホテルの夜 の解説

 

意味怖ちゃん

深夜に火事が起こっているのにたまたま部屋にいないという可能性は低いし、火事で先に起きたのに「僕」を置いて逃げているというのも不自然。

この火事は彼女が意図的に起こした可能性が高いよ。

彼女は元々お金目当てで「僕」と付き合っていたけれど、とうとうプロポーズまでしてきそうだということを察した。

好きでもない人とこれ以上付き合っても面倒なだけだから、ここらで「僕」を殺してお別れするという大胆な計画を立てていたんだね。

文中の「私のために色々用意してもらっちゃって」というセリフは、指輪の存在を知っていたからこそ出た発言でもあるよ。

そんな彼女のことは疑いもせずに、心残りと共に逃げ遅れた「僕」。

死んでも死にきれないだろうけど、地縛霊となって残ったりせずに、どうか成仏して欲しいよ…。

 

 

 

書籍も出版中!こっちもよろしくね

 

『意味が分かると怖い3分間ホラー この世で一番怖い答え・黒』

 

意味怖ちゃん
意味が分かると怖い、解説を読むとさらに怖い!そんなお話を44話集めた本だよ。クイズ謎解きとしても楽しめるよ。イラストは寺田てらさん!

 

詳しくはここから

 

 

『1分で読めるこわい話 きょうふ小学校』

 

意味怖ちゃん
小学校低学年の子から読める、短編ホラー集!恐ろしいほどの読みやすさと、じんわり怖い後味が残るお話を集めた本だよ。イラストは小津さん!

 

詳しくはここから

 

 

新しい本が出たら順次お知らせしていくよ。

良かったら応援してね。

-不気味系, 意味が分かると怖い話, 難しさ☆☆

© 2024 意味怖ちゃんの倉庫 Powered by AFFINGER5